スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代の化石を発掘 

立浪が来季の抱負を語ったようで。
残り41本に迫っている2500本安打を目指すようですねぇ。
ただ、立浪の来季の役割も代打でしょうから、41本はかなり厳しいかもしれませんな。
無理、とは言いませんが、かなり高い代打成功率が必要になるかと。

それに加えて来季は立浪のラストイヤーですからねぇ。
何度も公言していますから、きっと本当なんでしょう。
1年の代打で41本か…。
100試合出場で100打数ですので、打率にして4割強になりますねぇ。
これは厳しいw
でも頑張ってほしいですなぁ。


さて、今日は久しぶりの終日フリーと言うことで、部屋の大掃除をしていました。
すると押入れの中からかなり懐かしいものが…。
思わず掃除の手を止めてそれいじりにのめり込んでしまいましたw
大掃除によくある光景ですなww

で、出てきたものは、俺が小学校高学年、多分5年生の時に初めて購入したパソコンです。
当時、友達の家にあったWindows95を搭載したPCを触らしてもらって以来、ずっとPCを欲しがっていましてw
親父は仕事で使うノートPC(こちらもWin95)を持っていたのですが、なかなか触らせてもらえなくてねw
それでお年玉や、お小遣いを溜めて、さらに親に借金をしてまで購入したPCなんですなぁ…。


そんな10年も経った化石のようなPCですが、ふと思い立って起動してみると…ついた!!
かれこれ3,4年は封印されていたはずなんですが、すごいですねぇ。
ディスプレイも今では考えられないブラウン管のドデカい15インチのものですが、全く問題なく動作していますわ。

後にスペックを調べてみたところ、CPUは「3DNow!TMテクノロジ AMD‐K6(R)-2/500プロセッサ」、メモリは64MBを搭載しているらしいです。
今ではCPUのクロック周波数500MHzなんて考えられませんよね。
メモリも64MBとかw
今では1GBとか当たり前のご時世ですもん。

ただ、搭載されていたOS、Windows98SEにはこれで十分だったんですねぇ。
Win98の後継として開発された98SEですが、今でもユーザーがいるくらい、神OSだったようで。
思えば、98SEがあったこそ今の一家に一台WinPCという常識が作られたのかもしれませんしね。


んで、一通り弄くってみました。
…が、やっぱりyoutubeやニコニコ動画と言った動画サイトは見れたもんじゃないね。
かくかくどころか表示さえされないやww
完全にワープロに毛が生えた感じ。

因みに入っていたIEはver.5でしたw
古い…古すぎるww


って感じに一通りなつかしのPCの駄目具合を感じていましたが、ここであるひらめきを。

…このPC…なんとか使えない物か。

よし、いじろう。
なんとか使い物になるようにしたい。
最悪部品だけでも抽出して使ってやりたい。
うん、やろうw

目標としては快適にニコニコ動画を見ること!!
ここをラインにしましょう。


と言う訳で、発掘された化石の修復作業が始まりましたww
この時点で大掃除は「お」の字すらなくなっていますww
明日やろっと…。


で、まずは現状のまま再起できないか考えました。
とりあえずリカバリリカバリ、と。
10GBしかないHDDなんで、かなりすんなり終わりますねw

その後、WindowsUpdateにかけて最新の状態に。
98SEはもうサポートされていませんが、一応最新の状態までには出来ますからね。

そして必要なソフトをダウンロードして、不必要なものはアンインストール…と。
IEも5.0から6.0にアップグレードして、さぁ、どうだぁ!!


…駄目ですたww


うーん、やっぱりCPUとメモリに難アリですねー。
これ以上ソフトウェアいじっても駄目っぽい。


はい、もう限界、ばらします♪
約10年の封印のネジを解き放ちますよww


と、思いましたが、時間が時間ですのでまた次回w
うーん、いずれ復活させてやるぞ!!

コメント

我ながらよくもまぁあんな低スペックで喜んでいたなぁと思う(´д`)=3

コメントどもです。
>我ながらよくもまぁあんな低スペックで喜んでいたなぁと思う(´д`)=3
本当ですねぇ。
当時はなんにもイライラすることなんてなかったのに…。
今では考えられないww

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sususu7.blog32.fc2.com/tb.php/941-30f2ba3b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。