スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフト2012 

2012年のドラフト終了~。
まぁー今年も一波乱ありましたが、無事に終了したといえますかね。
中日の収穫もまぁ悪くはなかったと思います。


さて、その中日が1位指名したのは慶応大学の福谷くん。
競合する事もなく、無事に交渉権を獲得しましたね。
一昨年の大野のように一本釣りできたのは良かったと思います。

しかし有名どころであった東浜、藤波をあえて回避した様子ですが…。
結果として東浜は3球団の競合の末ソフトバンクへ、藤波は4球団の競合の末阪神となりましたので、そこに中日まで加わっていたら、確かに獲れなかった可能性は高かったかな。

んーでもまぁ福谷くんを外れ1位としておいて、あえて彼らを獲りに行っても良かったような気はしますけどね。
その辺はスカウトの目を信じるとしましょう。


その福谷くんは地元愛知の出身で、進学校である横須賀高校を卒業し、慶応大学へ進学というなかなかのエリートっぷり。
最速は150キロを軽く越すらしいですが、近年は若干影を潜めているなんて話もありますなぁ。
大学では抑えを任されているらしく、プロ入り後は先発も視野にいれているそうですね。

まぁまぁまぁ、即戦力…とまではいかないかもしれませんけども、なかなか有望な選手ですね。
中継ぎにしろ先発にしろ、層の厚い中日ですけども、是非頭角をあらわしてきてもらいたいですね。


また、2位にはこれまた地元愛好大名電から濱田くんを獲得。
こちらも高校ビッグ3といわれていた有望株ですからね。
2位ながら指名できて良かったですわ。
中日は指名順が後の方ですので、ちょっとハラハラしていましたけどもw

こちらこちらで将来性十分な左腕ですね。
球速も140キロ台後半と、プロ入り後に鍛えれば150キロ到達も夢じゃなさそうですし。
大野に継ぐ左のエース候補として期待してます。


その他、3位に龍谷大学から古本くん(外)、4位に早稲田大学から杉本くん(内)、5位に九州学院高校から溝脇くん(内)、6位にシティライト岡山から井上くん(投)、7位に祐誠高校から若松くん(投)を獲得。
なんと今年のドラフトは慶応と早稲田、両大学から一名ずつ獲得する形になりましたね。
ほとんど両大学、中日とは絡みがないんじゃないかなぁ。
そういう意味で珍しい結果になりましたね。

また、今回のドラフトでは捕手の指名はゼロでしたね。
補強ポイントとしては考えられていたんですけどねぇ。
まぁ若手、中堅とたくさんいますので、そちらの育成に励むということでしょうか。


という訳で、今回のドラフトでは投手4名、内野手2名、外野手1名の計7名を獲得する形になりました。
育成は今回はなしですね。
引退、戦力外の数を考えると、もう少し支配下登録にも余裕がありますので、育成からの昇格やトライアウト、新外国人の獲得などがまだありそうですな。


また、中日外では巨人が菅野を順当に獲得し、日ハムが大谷を強行指名してきましたねw
まぁー菅野はねー、流石に他球団が手を出す事はなかったですね。
1年の時を経て、入団となりましたか…。
ほぼ逆指名と同等な指名だけに、いい気持ちではないですけどねぇ。

大谷は大谷でメジャー入りを表明していたのにもかかわらずの指名に戸惑ってましたね。
インタビューでは気持ちは変わらないといっており、日ハムが口説けるかどうかに掛かってますね。
下手すれば二年連続で1位指名が拒否という結果になりうるだけに、大きな博打に出てきたなぁー。


まぁそんな訳で、今年も一波乱あったドラフトでしたね。
これから順当に契約が結べていけばいいんですけども。
特に中日はしっかりと交渉して、全員来年の春にはユニフォームを着ていてくれるといいですな。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sususu7.blog32.fc2.com/tb.php/2287-51974b13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。