スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

2012年のペナントレース終了ー。
まぁ中日にとっては、ですけども。
今年は12球団の中で最速の終戦となりましたね。
雨天中止が少なかったのかな。


さて、今日は最終戦という事で、凄い数の選手が出場しましたねw
代打に継投にと、凄く小刻みに使ってきました。
まぁ最終戦ですし、勝ち負けは関係ないに等しいのである程度やりたい放題でもかまいませんけどねw


んで、今日の先発は中田。
6イニングを投げれば規定投球回数到達でしたが、残念ながら2イニングで交代となりました。
今日の趣旨がそもそも総動員、でしたので仕方ないですかね。
規定投球回数到達は来年の目標にしてもらいましょう。

しかしまぁー立ち上がりにいきなり1失点して、それが結局決勝点となり10敗目
二桁敗戦をなにも最終戦にマークしなくても…w
この辺も来年の課題ですなぁ。


後続は川上、小笠原、田島、ソーサ、浅尾、山井、岩瀬。
非常に細かい継投できましたねw
最後には武藤しか残ってませんでしたので、もし延長になったら武藤が大変なことになってたかもしれませんなw

そして今日は小笠原の引退登板ですね。
僅か4球、打者1人を相手にしただけでしたが、大学の先輩である川上の作ったピンチをしっかり凌ぐことができました。
今後はコーチとしてチームに残るみたいですが、何のコーチかは未定っぽいですね。
とりあえずお疲れ様でした。


一方で打線の方も代打や途中交代の嵐で最後はベンチ空っぽでしたねw
こちらももし延長があってけが人でもでたらやばかったですなぁ。
ていうか、人が足りなくなる可能性もあったんじゃないでしょうか…。


んで、今日は8安打1得点と得点力が乏しかったですねぇ。
CSでこんなんじゃーマズいですなぁ。
典型的なタイムリー欠乏症な感じで、ダメなときの中日そのものでしたねw


そんな中、大島が3安打猛打賞
最終戦で打率を一気に上げて.310になりましたね。
3割キープが出来るかどうか?って感じだったのに終わってみれば1分も超えれましたねw
アベレージヒッターと呼ぶにふさわしい打率になったんじゃないでしょうか。

また、今日の結果で最多安打のタイトルも見えましたね。
現在長野に1本差をつけてトップになりまして、もし長野が残り2試合で2本以上ヒットを打たなければ大島の最多安打獲得が決定しますねぇ。
まぁ長野が2試合、恐らく8打席くらいになるでしょうが、ヒット1本だけってのは…確率低いかなw


さらに森野が今日2安打で打率を.249まで上げてフィニッシュ。
.250は到達出来ませんでしたが、後半の帳尻合わせが凄いですなぁw
ついこないだまで.230台だった気がするんですけども。


あとは平田にねー、ホームランが出なかったのがちょっと残念かな。
自己新となる12本目に期待したんですけどね。
残念ながら去年と同じく11本止まりとなってしまいましたね。
まぁそれでもチーム2位なのはお見事ですけど。


そして今日は試合後に英智、小笠原の引退セレモニーが行われました。
両名、スピーチの場を設けてもらえましたね。

まぁーでも対照的なスピーチでしたw
小笠原は真面目で涙で時々詰まる、よくあるといったら失礼ですが、引退スピーチらしいものでした。
しかし英智はというと…英智ワールド全開でしたねww
球場も爆笑でしたし、自分も笑ってました。

しかし最後の英智の遠投、そして応援歌が流れたあたりはぐっとくるものがありましたね。
もうこの強肩は見られないのか、あの美技は見れないのかと思うとね…。
余裕で遠投でスタンドインしてましたし、全然現役いけると思うんですけどね…もったいない。
ホント、戦力外にする意味が分かりませぬ…。


まぁそんな訳で、最後はちょっとぐっと来るものがありましたが、最終戦が無事に終了しまして、中日の今季の日程が全消化、となりました。
75勝53敗16分…貯金22というのは確かに誇れる数字ですが、それでも2位。
巨人に一歩どころか何歩も及ばなかった、そして三連覇を逃した悔しいシーズンでした。

ファンとしては、来季はペナント奪還は当然のこと、本当の意味でファンがついていけるようなゲームを見せてもらいたいですね。
英智、小笠原をコーチに加え、さらに新戦力も加え…新しいドラゴンズで優勝する姿が是非見たいところです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sususu7.blog32.fc2.com/tb.php/2267-39d2b649

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。