スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーンヘッド 

うわぁぁぁ!!!!

酷い!!
酷すぎるぞ、今日の試合は!!
これは今シーズン最悪のクソゲームだと言っても良いでしょう…。
もうね、勝つ気無いだろって言われてもおかしくないような展開でした。


その最たる出来事が5回表の中日の攻撃中に起きました。
まず谷繁が先頭打者として出塁。
すかさず堂上弟がバントで送って一死二塁。
ここまでは順調でした。

しかしその後のネルソンが前進守備のセンターの頭を超えてフェンスにまで到達するようなセンターオーバーのツーベースを打つ訳ですが…結果、一死二三塁という状況になるだけっていう珍事が起きますw
その原因はサードコーチをやっていた辻コーチと、二塁走者だった谷繁との間でサイン交換がうまくいっていなかったことだそうです。
具体的には辻コーチはホームベースを指差して進塁を指示した訳ですが、それを谷繁がストップと勘違いして三塁ストップしてしまったようです。

そらまぁ進塁を示すサインは腕をグルグル回すってのがよくあるスタイルかもしれませんがね。
それでもセカンドにいたんならあの打球みて判断できるでしょう…。
あの三塁ストップは本当にあり得ない、目を疑うようなプレーでした。


この後結局いつも通り、チャンスを生かせず無得点
確実に一点入っていたにもかかわらず、むざむざと自分からその権利を拒否した形になりました。
せっかくネルソンが来日初となるツーベースを打ってまで、自分を楽にしようと頑張ったのにね…。
それすらも叶わないとか、ネルソンはどれだけ見放されているというのだ…。


さらに負の連鎖は続き、6回裏には二死一三塁のピンチの場面で、ネルソンがバレンティンを内野フライに打ち取った…と思いきや、森野がその打球を見失って結局投手へのタイムリーツーベースという最悪の結果に…。
これもねー、先の谷繁の走塁同様、草野球レベルのプレーですよ…。
完全に打ち取った内野フライがタイムリーツーベースになるなんて、予想外にもほどがありますw

そもそも投2なんて初めて見たかもしれませんww
グラブに当たりもしませんでしたからね。
エラーにすらならないとか、ネルソンの自責になるのはあまりにもかわいそうですわ。


おまけにその次の7回表には無死一三塁の好機を作ったものの、ここも1~3番が犠飛すら打てない始末。
究極の貧打と言いますか、もうなんて言うか、点取る気ないだろ…マジで。
8安打無得点。
むなしいヒットを積み重ねましたな…。


ちなみに8安打はなったものの、3,4番からはヒットなし。
和田はついに2割3分台に突入ですな。
もう二度とこんなところまで落ちないと信じていましたが、結局落ちてしまったかー。
なんせ8月の打率は2割ないらしいですからね。
春の和田に戻ってしまいました。

森野は森野で無安打。
今日は、というか、今日もまた中軸は元気がなかったですね。
強いて言えば6番のグスマンが2安打と当たりが出てきた事くらいでしょうか。
せっかく打率2割無いようなグスマンが打ち出しているのに、それを生かせないのが情けないところですな。


という訳で、俺が思うに今季最悪の試合でヤクルトとの対戦成績を2勝9敗となりましたね。
ネルソン自身は7連敗で11敗目
今日も今日とて無援護でしたからねぇ。
ただ、今日ほどネルソンにとってがっかりしたゲーム展開も無かったんじゃないでしょうかね。
それはまぁファンにとっても同じですが。

もうねー、貧打なのは100万歩譲って仕方ないとしますが、くだらないボーンヘッドは無しにしましょうよ…。
今日の辻&谷繁の進塁ミス、森野の捕球ミス、この辺はあってはならないミスでした。
それが無ければ勝っていたかも、ってくらいのね。
絶対に、二度とないようにしてもらいたいですね。


そしてこうなってしまった以上、明日、明後日は正念場です。
チェン、ソトには頑張ってもらわないとねー。
打線はもう当てに出来ない…となると完封しかないw
それぐらいの意気込みで頑張ってもらうしかないですな。


あ、あと余談ですが今月19日の記事が何故か10日の設定になっておりましてw
まったく気が付きませんでした…。
WEB拍手で知らせてくれた方、ありがとうございましたー。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sususu7.blog32.fc2.com/tb.php/1999-7fcbaefb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。