FC2ブログ

レビュー ⑬ 

いよいよ明日はテスト最終日です!!
遂にこの日が来ますね。

テスト終了後は剣編を行けるとこまでお伝えする予定ですが、途中メタルギアオンラインについてのお話も入るかも知れません。
まぁまだMGOやるかは分かんないんですがね。

さて、今日はポケモン金のレビューやりますね。
長々と続いたレビューも残すところあと2回となりました。
では、行ってみましょう。


【タイトル】ポケットモンスター金
【グラフィック】★★★☆☆
【難易度】★★★☆☆
【シナリオ】★★★★
【サウンド】★★★☆☆
【操作性】 ★★★★
【ボリューム】★★★★★
【中毒度】★★★★★
【やり込み度】★★★★★
【総合評価】★★★★★
【コメント】
ポケモン赤、緑が全盛期を迎えた頃から噂されていたポケモン期待の次回作ですね。
でもまぁ発売までの道のりは相当長かったように思われますけどね。
確か自分は発売日当日、近所のおもちゃ屋に行って並んで買った記憶があります。
それだけ当時期待していた一作だったんですね。

まず注目すべき点は「時計」が内蔵されたことです。
これによりゲーム内に朝、昼、夜が成り立ち、その時間に応じたイベントや、出現モンスターの変化などが可能になりました。
これは当時の自分には革命的に魅力を感じました。
リアルタイムにゲーム内の世界と自分の生きている世界が繋がっている、これは凄いことですよ。

この時計機能についての思い出を一つ挙げますと、午後3時から4時までの間のみに発生するイベントがありまして、小学校が終わるのが3時半だった時があったんです。
つまり、一刻も早く学校からでないと間に合わない時間だったんですね。
このときの生徒の暴動っぷりは忘れませんww
「帰りの会」と呼ばれていた注意事項を先生が説明する時にある生徒(自分に非ず)が先生に向かって「○○が始まっちゃうから早く帰らせろよ~~」といったのを口火に周りの生徒が便乗して大騒ぎになったんです。
勿論先生はゲームのことなんて知りませんから物凄い怒っちゃってw
結局その後30分ほど説教になり、誰も間に合わなかったんですけどねww

とにかく時計機能導入は当時のユーザーにとっては生活を狂わせるほどの代物だったといえます。
しかしこの時計機能には弱点があったんです。
それは内臓電池の電池切れです。
カートリッジ内部に埋め込まれている内臓電池は素人では取替えが出来ないために、電池が切れてしまったソフトでは時計機能が止まってしまい、ずっと同じ時間を示してしまいます。
つまり、時間を利用したイベントは全く起きない、ということになります。
ですので、中古ショップで購入する時はある程度運が必要かもしれませんね。

さて、お次はグラフィック&サウンドですがこれは前作同様そんなに目立って良いとうは思いません。
平たく言えば普通ですね。
GBからGBCに進歩してもここだけはそんなに変わっていないようです。

ただ、シナリオについては大きく進歩したと思います。
前作に比べ謎解きの部分が増え、RPGとしての面白さが増した感じがします。
また、カントー編、ジョウト編と2部作になっている点もお見事。
赤からやってた自分にはカントー編は凄い懐かしく感じ、オールドユーザーに対するサポートも万全といった感じです。

さらに、前作に比べ100匹も増えたモンスター数も賞賛に値しますね。
これによりやり込み要素&ボリュームは格段に上がったでしょう。
因みに自分は赤、金、ルビーすべて図鑑を完成させてますww

総合的にみると、これ凄いゲームだなぁと改めて実感しました。
当時、あんなにも夢中になってた訳が、今こうしてレビューして始めて分かった気がします。もうね、「名作」ですよ、コレ。
総合評価は×∞でも良いくらいかも。
でもまぁここは抑えて×5で。


~項目の説明~

タイトル…ゲームのタイトルです。
グラフィック…グラフィックの鮮やかさです。ただし、そのハードに対しての評価です。
難易度…そのゲームの難しさです。星が少ないほど簡単です。
シナリオ…お話の面白さです。
サウンド…音源の良さです。
操作性…操作の難しさです。星が多いほど簡単です。
ボリューム…物語の長さ、又は機能の多さです。
中毒度…いかに飽きる事無く続けれるかの度合いです。
やり込み度…深くゲームをやり込める要素の度合いです。
総合評価…総合的に見た面白さです。
コメント…そのゲームに対してのコメントです。


余談ですが本日40000hit達成しました!!
改めて見ると凄い数字ですね。
40000人の方が見たって訳じゃないんですけど、やっぱりこの40000という数字にはなにか重みを感じます。
これもひとえに皆様のお陰ですね。

では、これからも宜しくお願いしますm(_ _)m

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sususu7.blog32.fc2.com/tb.php/131-3d198e39