スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリーグ終戦 

よしよし、巨人の90勝をなんとか防いだぞw
ヤクルトの逆転勝ちなんて予想してませんでしたけどねw
そうそう90勝なんてされてたまるかよ!!

まぁ館山も登板しなかったですし、小笠原も爆発しなかったですし、最終戦もなにごともなく終わりましたね。
良かった良かった。


ってな訳で、セリーグの全日程が終了。
各部門のタイトルが決定しましたね。
そのへんみていきましょか。


まずは首位打者
首位打者はねー…井端も途中まで頑張ったんですけどね、ラミレスに持ってかれてしまいましたねw
ラミレスは意外にも首位打者初めてらしいですね。

ちなみにラミレスは最多安打も獲得。
過去に打点王や本塁打王にもなっているラミレスですが、今回はついに首位打者かー。
これで外国人枠じゃないんですから、詐欺みたいなもんですよねw
近年では稀に見る外国人選手ですねぇ。


一方で打点と本塁打は中日のブランコが頂きました!!
新外国人でいきなり二冠とはあっぱれですな。
39本塁打110打点は立派すぎでしょうw

打点王に関しては次点で森野の109打点。
こちらも惜しかったですねぇ。
打点に関しては森野とブランコでW受賞があればよかったんですがw
まぁ森野は来年また頑張ってくれることでしょう。

しかしブランコ…なんて選手だw
これで年俸3000万円以下なんてねw
まぁ来期は1億ってところでしょうが、中日としては複数年契約を結びたいところでしょうなぁ。
その辺の契約も楽しみではありますな。


その他、最高出塁率は青木、盗塁王は福地が受賞。
それぞれ対抗馬だった井端と荒木ですが、残念ながら受賞はならず。
荒木も一時はトップだったんですけどねぇ。
最後には5つも差をつけられてしまいましたな。


そして投手部門では16勝で吉見が最多勝、防御率1.53でチェンが最優秀防御率、41セーブで岩瀬がセーブ王を獲得!!
中日勢が投手三冠を総なめしましたねw
結局最多勝争いは館山と同数受賞になりましたけどね。
まぁそれでも素晴らしいですよ。


そしてすさまじい防御率、1.53をマークしたチェン。
今季もう大ブレイクですなぁ。
去年からすでにその頭角を現してはいましたが、まさかここまで伸びるとはw

ちなみにこの防御率、歴代2位だそうで。
…すごいねw
歴代2位だってww
20年前の巨人の斉藤雅の記録を抜いただそうです。
これはもう大エースの匂いですよ、はい。
まだまだ若いし、伸び盛りですしねぇ。


さらに鉄腕、岩瀬も堂々の受賞。
3年ぶりのセーブ王となりましたね。
今季は藤川やクルーンなど、ライバルたちが伸びてこなくて助かりましたw
登板数も54と、相変わらずの鉄腕っぷりですし、来季も歳を感じさせない投球に期待ですね。


その他、最多奪三振をルイス、最優秀中継ぎを山口が受賞。
最優秀中継ぎは浅尾頑張って貰いたかったなー。
まぁ開幕から中継ぎじゃなかったしね!!
来季はきっと取れる…はず!!


まぁまぁそんな感じでレギュラーシーズンは無事終了。
中日は今週末からCSに突入ですね。
お相手はヤクルト。
今季は苦戦した相手ですからねぇ、不安たっぷりですw

とりあえずはエース格ぶつけて、なんとかものにしてもらいたいですねぇ。
相手もエース格だしてくるでしょうがw
むぅ…VS楽天の日本シリーズは実現なるか!?

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sususu7.blog32.fc2.com/tb.php/1257-603cae00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。