FC2ブログ

月別アーカイブ

 2010年10月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフト2010 

いやー、なかなか面白いドラフトでしたね!!
注目株が多くって、彼らがどこへいくのか、かなり注目してみていました。
そして中日の選択選手もねー。


んで、まず4年前から注目されていた斉藤はヤクルト、ロッテ、日ハム、ソフトバンクが1位指名をして、くじ引きの結果、日ハムが交渉権を獲得。
まぁほぼ間違いなくプロ入りするでしょうね。
日ハム、斉藤の誕生ですな。

春からずーっと斉藤にラブコールを送っていたヤクルトやロッテにしてみたら、皮肉な結果でしたねw
てか、田中に続いてまたパリーグかー。
田中VS斉藤の機会は増えるってのはいいんですが、どっちかはセにいてくれても良かったんだけどなーw

まぁ、これでまた札幌が盛り上がるな。
スター選手の獲得は球団の人気につながりますからね。
羨ましいのうw


一方で、その斉藤の1位指名数を超えたのは大石。
阪神、広島、横浜、西武、オリックス、楽天の6球団が競合するとはねw
確かに一番人気な感じはしていましたが、まさかここまで集中するとは。

そしてあたりクジを引いたのは、去年同じく6球団が競合した雄星の交渉権を獲得した西武、渡辺監督。
すげーな、六分の一を二連続で決めるかww
その確率は約3%ww
いやはや、自ら「怖い」と称することはありますな…。

という訳で、またもパリーグ…。
いずれ雄星と大石のドラ1コンビが暴れるんだろうなー。
西武は元々若くて良い先発が多い感じなので、向こう10年くらいは先発困らないんじゃないかなw


また、最近になって注目を集めていた沢村は巨人が一本釣り
こちらは競合になるのかな、と思っていたんですが、逆になりませんでしたね。
まぁ本人も巨人希望でしたし、良かったんじゃないかな。
157キロ右腕は確かに興味アリなんですけどねー。


そして中日はというと、上記の3人を指名せず、佛教大の大野投手を単独指名
いやー、確かに話には出てましたがねー。
落合監督も「大野を一位指名できるのはうちくらい」というだけあって、確かに単独でしたw

かるーく調べた感じでは、150キロオーバーの速球を武器にする本格左腕…かな。
ただ今、肩を怪我しているらしいんですけどね。
ちょっとこの怪我が不安なんだけどw

でも速球派の先発型左腕は今、チェンくらいしかいませんからね。
そのチェンは離脱の可能性が高い訳で。
来季はオープン戦次第では開幕ローテもあるなー。
大いに期待してますぞ。


また、二位以下はこんな感じ。

2位  吉川大幾 内 PL学園高
3位  武藤祐太 投 Honda
4位  森越祐人 内 名城大
5位  関啓扶 投 菰野高

今回は外野手はなしですね。
まぁ外野はねー、たくさんいますもんねw
アレだけいれば、まぁ誰かしら伸びるだろうということかな。

という訳で、補強すべきは内野と投手に絞ったのでしょう。
捕手は昨年たくさん取りましたしね。


んで、とりあえず取りたかったのは1位の大野と、2位の吉川だそうです。
吉川はパンチ力のあるショート、だったかな。
18歳という事で、5年後の戦力として期待ですね。
井端、荒木の後釜候補ってところでしょうか。

後は即戦力に、社会人から投手を一人、地元大学から内野手を一人、そしてこちらも5年後に期待の高校生投手を一人、と。
合計5名で選択終了となりました。
当初は二人みたいなことも言ってましたからねw
あれ、5人も取ったか!!って感じでしたw


まぁ恐らく今季は全員入団してくれることでしょう。
5人の新たなルーキーが誕生しましたねー。
大野と森越は俺と同級生という事で、是非一軍で長く活躍できるような選手になっていただきたい!!
いつか、「俺、あの中日のエースの大野と森越と同級生なんだぜー」っていえるようにねw

んー、今回のドラフトはまぁ落合監督も満足げでしたし、良かったんじゃないでしょうか。
取ってみなければ分からないところもありますからね。
各球団に散らばったルーキーたちの活躍に期待です。


一方で、今日は日本シリーズのチケットの発売日。
朝10時からという事で、PCの前で張り付いてましたw

んで、結果は2勝1敗
第1戦と第6戦は取る事ができたんですが、第2戦は取れませんでしたー。
つっても第2戦は一緒に行く人に頼んでおいて、その人が取れなかったみたいですがw
俺が勝負した2枚はきっちりとれたんでよかったです。

因みに第7戦は既に抽選が当選したため入手済み。
要するに、第7戦までいけば、今回の日本シリーズは3戦見にいけることになります。


しかし流石に席はあまり選べず、3戦全部がB指定席となりましたw
内野側の5階席ですね。
かなーり遠いところからの観戦となりますが、まぁ見れるだけマシとしておきます。
さらに第1戦に至っては三塁側なんですよねー。
それしか取れなかったんですが…。

まぁでもなんだかんだ言っても取れたんで良かったですよ。
6,7戦は見れるので、そこまで試合がもつれれば確実にどちらかの胴上げは見る事になる訳で。
…どちらかのね。

なんで、中日も勝ちすぎて(負けすぎて)4戦、または5戦で終わってしまうと6,7戦を取った苦労がパーになり、さらに胴上げも見れないってことになるので、ある程度バランスを取った戦績でww
最悪でも第6戦まで、ナゴヤに戻って来てほしいw
その辺はもはや天のみぞ知る、ですけどね。
是非、ナゴヤに帰ってきて胴上げを!!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。