FC2ブログ

月別アーカイブ

 2010年10月 

感想2010 捕手&内野編 

今日も阪神巨人は快勝かー。
これは本当にゲーム差0もありうるなぁ。
紙一重の優勝となりそうな匂いがプンプンしてますねw


それにしても阪神、今日は19安打17得点ってどったのww
打ちに打ちまくってますなぁ。
この勢いでCSに来られると厄介だ…。
やはり一敗くらいしておいてくれた方が気が楽かなーw

にしても、中日がヤクルトに負けたことを考えれば、本当に優勝できて良かったなぁ…。
阪神と巨人の直接対決が2試合あったことと、村田、ソリアーノの大活躍のおかげとしか言いようが無いなw
いろいろ他球団とめぐり合わせに感謝しないと…。


ちなみに今日の試合でマートンが213安打に記録を伸ばし、イチローの記録を抜きましたね。
イチローはこのことに対してはコメントしづらいとのことですがw
記録を抜くなら青木や西岡、川崎らへんだと期待してたようですなw
メジャーでそれほど有名でもないマートンが更新してしまい、戸惑っているのかなー。

まぁでもいいバッターですわー、マートン。
2年契約で年俸1億だそうですが、来年もこんな活躍をするとなるとやばいなぁ。
いい選手を連れてきましたねぇ、ホントに。


さて、今日も昨日の続きいきますぞ。
今日は捕手、内野手編かなー。
野手も一気にはいけそうにないですからねぇw


谷繁 【110試合 打率.244 7本塁打 32打点】

なんだかんだで正捕手として君臨したベテラン捕手。
しかし怪我の影響で出場試合数は去年を下回りましたね。
徐々に世代交代かなぁって感じもします。

それでも打率はここ数年の中では一番良く、7本塁打ならまぁボチボチでしょう。
阿部や城島と比べてはいけませんけどねw
投手からの信頼や、リードの上手さを考えれば、やはりいなくてはならない存在でした。


小田 【37試合 打率.274 0本塁打 11打点】

今季バッティングが急成長したと言っていいODA。
夏場まで出番が無かったものの、「やりましたー!!」をキャッチフレーズに一軍定着。
ここぞの場面での犠牲フライなど、いぶし銀な活躍が印象的です。

キャラクターがかなり強く、中日の選手らしからぬ存在ですから、逆に必要性を感じる選手かなw
年齢的にもベテランの域ですが、谷繁に比べればまだまだ若いので、時期正捕手を目指してさらなるバッティングとリードの向上が期待されます。


ブランコ 【134試合 打率.264 32本塁打 86打点】

不動の4番だった昨季から一転、来日初の二軍落ちまで経験した、ほろ苦いシーズンとなってしまったブランコ。
それでも終わってみれば30発80打点を突破し、二年目のジンクスをまぁ打破したと言って良いでしょう。

しかし三振の多さと打率を考えると、やはり4番って感じではなかったかなー。
5番、6番な感じ。
ひどい時といい時の差が激しすぎるのがいけませんね。
もう一度去年のような通年で4番を任せられるような安定感が欲しいところです。


堂上直 【82試合 打率.263 5本塁打 30打点】

今季のブレーク株
井端の離脱により急遽セカンドとして活躍の場を与えられたものの、終盤までノーエラーと守備の面で大活躍。
バッティングの方は右投手に対しての打率がひどいものの、左投手には抜群の強さを誇ってくれました。

ここまでくれば後は来季、真のレギュラーをつかみ取れるかですね。
せっかく手にしたセカンドですから、大事に守ってほしいかなー。
井端も良いんですけど、個人的には若くてフレッシュなどのみちに頑張ってもらいたいです。


井端 【53試合 打率.261 0本塁打 16打点】

体調不良、怪我
により夏前に離脱し、そのまま最終戦まで復帰できないと言う不本意なシーズンを送ってしまいましたねぇ。
ポジションを堂上に譲ることで、堂上にとってはチャンス到来といったところですが。
まぁそれでも最終戦にはセカンドに戻っているあたり、復帰すればセカンドに入る、ということでしょうか…。

しかしまぁこの人の離脱によって、今季は6番に悩まされたなーw
当初の計画では6番井端で、粘り強いバッティングを期待してましたからね。
もう30後半に差し掛かる訳ですが、強力なライバル堂上とどう戦うのかが来季の楽しみですね。


岩崎達 【78試合 打率.183 1本塁打 4打点】

守備固めの要ですな。
ブランコを下げ、一塁森野、二塁岩崎、三塁堂上、遊撃荒木は安心してみていられる布陣でした。
荒木二世として期待されているだけあって、守備は上手いですねぇ。

そして忘れてはいけないサヨナラ弾w
あの打った瞬間のあなたの表情、忘れれませんww


森野 【144試合 打率.327 22本塁打 84打点】

NEW選手会長としてチームを毎試合引っ張ってくれました。
バッティング成績の方も言うことはありませぬ。
強いて言えば打点がちょっと物足りないかな、ってところですが、そこはまぁ今季の中日を象徴していることですのでw

しかし守備の面でのエラーがなー。
失策数はチーム2位の19個。
失策王は逃れましたが、それでも多いです。
来季はそこさえどうにかしてくれれば、完璧な選手会長となれますなw


荒木 【136試合 打率.294 3本塁打 39打点】

春先こそ出遅れたものの、復帰後は不動の1番ショートとして君臨。
今季からショートにコンバートしたわけですが、やはり不慣れなのか送球エラーを連発してしまいましたね。
捕球技術、守備範囲は天下一品なので、あとは送球ですなぁ…。
肩の弱さが気になるところです。

しかしバッティングの方では終盤大ブレーク。
得意の固め打ちを連発し、3割到達も見えるところまで結局持ってきましたね。
盗塁数は20個とチームトップながらも、ここ数年30個以上していたことを考えるとちょっと物足りなかったかな。
来季は送球と盗塁の向上に期待です。


こんなもんかな。
新井書こうと思いましたが思いつくことがなかったのでカットww
来年はなんか印象に残る活躍してね!!
次回は外野手偏かなー。
外野は今季起用した選手がめちゃくちゃ多いから3枠しかないくせに大変そうだw

スポンサーサイト