FC2ブログ

月別アーカイブ

 2006年02月 

レビュー ⑫ 

う~ん…、そろそろレビューするソフトがなくなってきたなぁ…。
ゲーム解禁まであと3日、即ちあと3作か…。

3作……。

よし、そんじゃぁ、ポケモンシリーズでキリをつけようかな。
赤、金、ルビーの3作にします。
それではいってみましょう。


【タイトル】ポケットモンスター赤
【グラフィック】★★★☆☆
【難易度】★★★☆☆
【シナリオ】★★★☆☆
【サウンド】★★★☆☆
【操作性】 ★★★★
【ボリューム】★★★★★
【中毒度】★★★★★
【やり込み度】★★★★★
【総合評価】★★★★
【コメント】
今や誰もが知っている名作ですね。
おそらく大人も子供もみんな知っているかと思います。
自分は発売日には買っていなく、回りが騒ぎ出した後に購入しました。

まずはグラフィック&サウンド。
ここはそうたいしたことはありません。
普通のゲームボーイのソフトと何の変わりの無い普通の出来だと思います。
まぁ悪くはない、ってレベルですね。

また、シナリオも普通。
そんなに話題になるほどシナリオが濃いとは思いません。

が!
やり込み要素、中毒性は非常に強かったです。
ここがメガヒットの秘密だと思います。
まず、全モンスター数151匹と言う多さ。
そしてこれを全て集めろ、と言う過酷なミッションがこのゲームの真骨頂ですね。
しかも、1つのソフトとのみでは全て集めるのは不可能で、友達との交換などを経なければいけないと言うシステムも新しいんじゃないでしょうか。
さらに、通信対戦による中毒性。
いかに友達に勝つために良いパーティーを作り上げるか、それだけを考えひたすらGBに向かっていく若かれし頃の自分を思い出しますw

また、出現するモンスターも皆魅力的だった、というのも人気の一つだったんではないか、と思います。
「ピカチュウ知ってます?」と聞いて「知らない」と答える人はそう居ないんじゃないでしょうか。(まぁ年配の方はどうかは分かりませんが)

総合的にみると、今や大人気となったポケモンの「基礎」を見事に作り上げた作品だと思います。
ここから始まった伝説はどこまで続くんでしょうねぇ…。
とりあえず、総合評価は辛目の×4で。
もうちょっとシナリオが濃ければなぁ…。

~項目の説明~

タイトル…ゲームのタイトルです。
グラフィック…グラフィックの鮮やかさです。ただし、そのハードに対しての評価です。
難易度…そのゲームの難しさです。星が少ないほど簡単です。
シナリオ…お話の面白さです。
サウンド…音源の良さです。
操作性…操作の難しさです。星が多いほど簡単です。
ボリューム…物語の長さ、又は機能の多さです。
中毒度…いかに飽きる事無く続けれるかの度合いです。
やり込み度…深くゲームをやり込める要素の度合いです。
総合評価…総合的に見た面白さです。
コメント…そのゲームに対してのコメントです。

スポンサーサイト