FC2ブログ

月別アーカイブ

 2006年02月 

レビュー ⑤ 

今日からは自分がガキの頃、特にハマったマリオ2作(マリオRPG、マリオワールド)のレビューをしようと思います。
とりあえず今日はマリオRPGからレビュります。


【タイトル】スーパーマリオRPG
【グラフィック】★★★★★
【難易度】★★☆☆☆
【シナリオ】★★★★★
【サウンド】★★★★★
【操作性】 ★★★★
【ボリューム】★★★☆☆
【中毒度】★★★★
【やり込み度】★★★★★
【総合評価】★★★★★
【コメント】
この作品は任天堂とスクウェアが共同制作したかの有名なマリオのロールプレイングゲーム(RPG)です。
1996年にスーパーファミコンのソフトとして発売されたわけですが、自分は発売日に、しかも予約して購入しましたw

んで、まず驚いたのはグラフィック。
正直綺麗過ぎます。
「これホントにスーファミか?」って思うくらい綺麗でした。
美しいポリゴンによって描かれたマリオたちはとても印象に残りますよ。

さらにサウンドの良さにも注目です。
一度聞いたらもう忘れないBGMが多々ありますね。
10年経った今でも口笛で奏でれるようなものばかりです。
因みに自分が今でも強く印象に残っているBGMはハナちゃんの森のところの奴です。
多分、どっかのMIDIサイトに置いてあると思うんで、是非一度聞いて頂きたいです。

また、豊富なミニゲームやオマケ要素があり、やり込み要素は十分です。
例を挙げますと、「スーパージャンプ連続100回挑戦」とか「ワイン川下り」などでしょうか。
どれも一度やったら癖になる魅力があります。

オマケに、マリオ独特のアクション性も兼ね備え、ダッシュ&しゃがみなどの技も健在です。
これまでのマリオファンにも十分楽しめる一作と言えるでしょう。

ただボリュームはちょっと貧弱かな?って感じはします。
FFやドラクエに比べたらストーリーは短めかも知れませんね。

総合的に見ると、マリオの爽快性とRPGの謎解きが巧い具合にマッチした名作だと思います。
今でもたまに無性にやりたくなる時がありますしw
一回やったらもう忘れない、そんな一品だと思います。
なんで、総合評価は文句なしの×5です!


~項目の説明~

タイトル…ゲームのタイトルです。
グラフィック…グラフィックの鮮やかさです。ただし、そのハードに対しての評価です。
難易度…そのゲームの難しさです。星が少ないほど簡単です。
シナリオ…お話の面白さです。
サウンド…音源の良さです。
操作性…操作の難しさです。星が多いほど簡単です。
ボリューム…物語の長さ、又は機能の多さです。
中毒度…いかに飽きる事無く続けれるかの度合いです。
やり込み度…深くゲームをやり込める要素の度合いです。
総合評価…総合的に見た面白さです。
コメント…そのゲームに対してのコメントです。

スポンサーサイト