FC2ブログ

月別アーカイブ

 2005年12月 

賞金王出場メンバー 

今日は学校から帰ってきたら急激な眠気に襲われたため1秒もゲームできませんでした。
マイライフの更新を楽しみにして下さっていた方、おられるか分かりませんがすいません。

んで、今日は再び競艇の話を。
前回同様、興味の無い方や、ギャンブル嫌いな方は華麗にスルーしてください。


さて、開催が迫ってきた賞金王決定戦ですが、その出場メンバーが公開されました。

年間獲得賞金順に並べますと、


1 植木通彦選手 \140,346,000

2 山崎智也選手 \133,747,100

3 濱野谷憲吾選手 \130,330,000

4 江口晃生選手 \121,872,000

5 太田和美選手 \120,748,000

6 菊地孝平選手 \112,434,000

7 仲口博崇選手 \104,413,000

8 笠原 亮選手 \103,846,000

9 上瀧和則選手 \103,709,000

10 山本浩次選手 \103,533,000

11 辻 栄蔵選手 \83,894,800

12 瓜生正義選手 \79,041,000


こうして見ると、さすが賞金王。煌煌たるメンバーですね。
競艇ファンなら誰もが一度は聞いたことのある選手だらけじゃないでしょうか。

しかし中でも一番際立っているのがやはり艇王 植木通彦選手でしょう。
私的な考えですが、この選手の走りは他の選手とはまったく次元が違う感じがしますね。

また、初出場では優勝は出来ないと思われてきた賞金王で、それを見事破ることのできる力を持った初出場の菊地孝平選手と笠原亮選手にも期待が掛かります。

それにしても植木選手は年間1億4000万円も稼ぐとは…。
12位の瓜生選手でも8000万円近く稼いでいます。
競艇選手は強ければ物凄い儲かる職業と言うのが良く分かりますね。

そして賞金王決定戦と平行して、 賞金王シリーズ戦というものが開催されます。
これは賞金ランキング13~60位の選手が出場できる大会です。
因みに、60位の選手の獲得賞金でも約4000万円とこちらもかなり高いハードルとなっています。


また、12月20日に行われる賞金王決定戦の第1日11レース「トライアル」出走予定メンバーと第1日12レース「トライアル」出走予定メンバーが発表されました。

11レース

1号艇 山崎 智也
2号艇 濱野谷憲吾
3号艇 菊地 孝平
4号艇 仲口 博崇
5号艇 山本 浩次
6号艇 辻  栄蔵

12レース

1号艇 植木 通彦
2号艇 江口 晃生
3号艇 太田 和美
4号艇 笠原  亮
5号艇 上瀧 和則
6号艇 瓜生 正義

注目すべきはやはり12レース、植木選手ですね。
競艇は一般的に1号艇が断然有利なのです。
それに加え、艇王と呼ばれる植木選手のテクニックがあれば1着はかなり濃厚と言えるでしょう。

でも何が起こるか分からないのが競艇の面白さなんですけどね。


開催まで残り2週間をきりました。
競艇ファンの方にはもどかしい2週間になるかもしれませんね。

続きを読む

スポンサーサイト